高校野球とセブンティーン

そろそろ、高校野球の季節ですね。

私の学生時代は、池田高校や桑田、清原の時代のPL学園が優勝した頃で、高校野球がかなり、盛り上がっていました。

勝ち進むにつれて、テレビ露出度も多くなり、注目されるからか、彼らは、特にすごいかっこいいって感じでもないのに、(失礼)アイドルのような扱いをされていた。ひそひそ。番長も昔は、アイドルだったのですよ。
いち高校生が、雑誌のグラビア飾ってしまうっていう勘違いみたいな出来事に、私も、けっこう、勘違いして、熱中してました。
スキー場で出会った人がかっこよく見えるのと同じようなことかもしれませんね。

そして、その頃、週刊セブンティーンという雑誌がありまして、私は、愛読者だったのですが、毎年、高校野球の季節になると、全国高校野球選手名鑑という記事の特集が組まれるわけです。プロ野球選手名鑑の高校野球版です。

私は、それを楽しみにしていて、掲載予告を見て次号は、絶対、買うぞ!と意気込んでいたのですが、買いに行くと、いつもあるはずの、セブンティーンが、ない。そう、この号にかぎって、手に入らないことが多かった・・・
ちくしょー!これを楽しみにしている人は、意外に多いのか~!!これは、もう、早いもん勝ちだ、次は、発売日いや、発売前日あたりでもチェックしておかなければ、と、悔い改めたのでありました。

その、高校野球名鑑号からしばらくしたら、セブンティーンの読者の投稿ページに、この選手は、有名人の誰々に似てるとか、星座とか血液型とか、好きなタレントとかの、統計取る人が必ず出てくるんですよ。それが、また、ツボにはまる。おい、夏休みに花の女子中高生が何、暇なことしてんだよ・・・と、ほほえましく、ツッコミをいれたくなる。

セブンティーンって、ティーン向け雑誌なのですが、昔のセブンティーンは、ちょっと、シブかったですね。雑誌の作り、紙の質が、ホント、週刊誌で、お父さんの読む週刊ポストとか、と同じような感じでした。

ティーン向けの雑誌なのに、妙に絵柄の古臭い漫画が連載されていたのも???でした。

私の読んでいた頃のミスセブンティーンの最終選考組には、渡辺美里、国生さゆり、工藤静香、元CCガールズの藤原理恵、清原の奥さん(なにげに、内容とリンクしてますね。)が、いたと、記憶しています。ちなみに、グランプリは、網浜直子と松本典子でした。


今のセブンティーンは、週刊では、なくなったし、ずいぶんおしゃれになったけど、高校野球選手名鑑なんて、ないんだろうなー。



↓気になったので・・・
暴言甲子園


↓ひとつひとつクリックすることが、甲子園への近道だ。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

↓監督に、いい評価もらえるように頑張るっす。
このブログを評価する

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック