ホームレス中学生

私が、初めて、麒麟・田村の、例の「解散。」、の話を聞いたのは、以前、関東でもやっていた「なるトモ!」という番組内で、この番組では、ほかに、メッセンジャーの黒田も、強烈な貧乏話をしていて、とても、興味深かった。

個人的に、麒麟に関しては、漫才は、そんなに面白くない、貧乏話のほうが面白いや、なんて思ってるけど、二人とも、人柄的には、嫌いじゃないので、応援したい、と、思うコンビだ。


「ホームレス中学生」のドラマ化も、とても、楽しみにしていた。

主役の男の子は、無名?ながらも、田村にそっくり!で、彼しかいない!って感じで、しかも、演技もうまかった。

お兄ちゃん役の田中圭と、お姉ちゃん役の夏帆は、大阪弁が、意外に自然で、演技も、自然で、途中から、この二人、顔も似てる気がしてきて、ほんとに、兄妹に、見えるかも、なんて、思えてきてしまった。


笑えるところと、ほろっとさせられるとこと、メリハリが効いていて、田村少年の周りにいる人たちの、温かさが、すごく伝わるいいドラマだった。

温かいお母さんの死、頑張り過ぎたお父さんの苦悩、生活のために、大学を辞めて、怒鳴られながら、必死に働くお兄ちゃん、公園での生活も限界になり、路頭にさまよった田村少年の面倒を見てくれた、友達のお母さんの突然の死。


たった14年間で、いろんなことを経験しすぎてしまった田村少年は、虚無感に襲われる。

確かに、これだけ壮絶な経験をしたら、真っ只中のときは、必死で、ちょっと、落ち着いてきた頃に、そうなってしまう気もする。


でも、そんなときにも、田村少年の、周りには、またまた、助けてくれる人がいた。

途中から担任になった先生。

少し、変わったこの先生は、休みがちな田村少年のことを気にかけて、対先生と生徒というより、対人間として、接して、手紙を書いて渡す。


この、私を、「先生」と呼ばないでください、というような変わった感じの先生役を演じた渡辺典子が、また、良かった。
穏やかな関西弁の先生らしくない先生。


それぞれの役者が、とても、大切に役を演じている感じがして、レベルの高い一体感があったように思います。

それも、この話に出てくる人たちが、みんな、素敵な、魅力のある人物ばかりだからかもしれません。



久々に、期待を裏切らない、むしろ期待以上のいいドラマでした。




ホームレス中学生
ワニブックス
麒麟・田村裕

ユーザレビュー:
買ってはいけない子供 ...
感動しました先生の手 ...
大変でしたねさっと読 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ





↓涙。感動。クリック。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 夏帆 彼氏

    Excerpt: 大手スターダストプロモーションが現在売り出している北川景子さん、夏帆さんです….大手スターダストプロモーションが現在売り出している北川景子さん、夏帆さんですがどちらが... Weblog: えっ!?マジで!? racked: 2008-07-15 07:39